女性のセックスのメカニズムはやわらかで

女性のセックスは実にやわらかで、男性は余程自分で意識してがんばらなければ女のように柔らかい脳にはなれないのです。

 

 

柔軟であるやわらかで、あるのはひとつは脳のリズムが太陽系のリズムに同期しているからで、詳しく言うと女性の脳の中心にある体内時計が太陽系のリズムと同じように振動しているのです。

 

 

脳振動と同じように、体も振動するのと同じようにリズムで振動する理屈である。

 

 

その上、女性は暗闇のおなかの10ケ月の周期と同じような卵巣、子宮という特殊な臓器を持ち合わせている。これは男が真似しても無理で出来ないことです。

 

 

このことが全て女性のセックスに関わってきます。生まれながらというより女性は体内にいる時から何十万というおびただしい数の卵子の種を持って生まれてくるのです。

 

女性は「およそ35年〜45年間をかけて月に1度排卵する」として数十万個のうち、実際に選ばれて排出されている数は女性は選び抜かれた、貴重なかけがえのない卵子を最も信頼して愛する男の精子と結合させるわけです。

 

 

このように選ぶ脳を持っていて、女性が男性を選んでいるのは古来から男性は「彼女は俺が選んだ」と威張っているかもしれませんが実は女性の体の中で選択されて究極的には女性の原始脳の感覚で選ばれてきたのです。

 

 

女性の場合は、体内から卵子の中で選ばれて成熟したものが排卵されるわけです。卵子は女性とともに歳をとるので若いころの卵子は若い訳です。

 

 

それと比べて、男性の精子は、絶えず新しく生まれている。射精すれば、それが脳で作られたおびただしい数の精子は毎回多量に射精される。そのうちの元気でイキのいい奴1匹が攻め勝利者となる。

 

 

それによると、快感は男の側に大脳辺緑系とか前頭葉にあるので、女性の場合はそれが前後に広がるという、女性の月のリズムを月経周期という女性ホルモンが周期の間に決まったパターンをし

 

 

、そのホルモンが脳内の性欲中枢にフィールドバックするから感性の鋭い女の月経は卵胞期と排卵期と黄体期でさまざまに変化します。

 

 

複雑な脳と体の関係することを男は知っておいた方が良いでしょうね。とりわけ月経前の緊張症候群と、不安定な心理状態になる人もいます。

 

 

生理前に万引きなどするという人もこの時期の不安定な構造だからです。

 

 

一方、排卵期に性欲が更新する女性も少なくないので、出産の重さなど、女性が様々な深いオーガズムに快感を得るように脳に仕組まれて神様の贈り物かもわかりません。

 

TOP戻る⇒不倫恋愛の苦痛!強烈に復縁したいなら人気の電話霊視占い女性のセックス,女性 セックスメカニズム,

男性のセックスの快感オーガズムが一瞬に対して女性の快感は立ち上がりがゆっくりであり快感レベルに達した後いくつもの快感を繰り返し波のように体験するのも男との大きな差であります。これは、簡単にオナニーで射精と言う瞬間的な交換神経興奮のパターンがないからです。昔、猿の時代にメスのオーガニズムも男性並みに短期間の淡いもので、直立の二足歩行に成功して移行し、人間同士は言葉も交わされ目を見つめあい自由になった手で抱擁することも可能となって女性のオーガズムが多様化していくのです。男性にとって女性が様々な深いオーガズムを持っている方が楽しいに決まっているので、男性は次第に女性と子供たちのいるところに留まるよう...